学校紹介

1 創立110年の伝統校,自由でおおらかな校風

  明治30年に宮城県尋常中学校志田郡立分校として創立されて以来,第三中学,古川中学を経て古川高校となり,平成19年創立110周年を迎えました。創立以来,当大崎地方の教育・文化の中心として有為の人材を世に送り出し,名実ともに「仙北の雄」と称せられる歴史と伝統とを誇っています。

  自由闊達な校風の普通科高校であり,校章の由来ともなっているところの「蛍雪の故事」にならって生徒は日夜たゆむことなく,「質実剛健,文武両道」の校訓の下で,勉学に部活動に励んでいます。なお,校舎の全面改装工事が完了して,図書館には冷房設備も完備され,明るく快適な環境で学習できます。また,第二体育館(柔道場・剣道場・卓球場など)が新築され,生き生きとした活動が展開されています。さらに創立百周年記念事業の一環として,より一層の教育環境整備を目的とする文化部活動センター「凌雲文化センター」が建築されました。さらに新体育館が平成17年8月に完成しました。

  学校敷地は,陸羽東線及び東北新幹線古川駅から徒歩約10分の交通至便の市内中心部にありながらも,心和ませる桜の古木や,歴史と伝統をしのばせるヒマラヤ杉等の大樹に囲まれた閑静な勉学環境です。

2  大崎地方の進学拠点校,推薦入学実施

  普通科各学年6学級による編成で17年度入学生より男女共学となりました。また,募集定員の30%以内を対象にして推薦入学を実施しています。中学校からの推薦書と調査書および面接と作文と口頭試問を基に選考します。心身共にたくましい人,文武に意欲あふれる人,知的探求心が旺盛な人等個性豊かな生徒諸君を歓迎しています。

3  進化する古川高校

  100余年の歴史を誇る古川高等学校は大きな変革点に向かいつつあります。平成17年4月から男子150名女子90名の新入生を迎え、古川高等学校は男女共学校として 新しい歴史を刻むことになりました。平成19年11月には,創立110周年記念式典・記念講演を行い,これまでの輝かしい歴史と伝統を胸に,さらなる進化・発展を目指すことを誓い合いました。   生徒諸君は,『古高EVOLUTION』(進化する古高)のスローガンのもと,「誇りある古高生」「品位ある古高生」としての自覚を高め,日々の実践に励んでいます。学校としても,特に次の4項目を充実させ,地域から益々信頼される学校づくりにいそしんでいます。

  ○学習指導の充実……一人ひとりを大切にする質の高い授業
  ○進路指導の充実……一人ひとりの進路目標の達成
  ○学校生活の充実……魅力ある部活動と活力ある学校行事
  ○地域に開かれた学校づくり…小中高の連携の推進

4 質実剛健,学問尊重,自主自律

  清潔にして健全な品性と学業を尊重する気風とを養い,自主自律の精神をもって自発的に行動できるような豊かな人間性を育成するために,下記の3項目を教育目標に掲げています。

  (1)健全な心身の育成
  (2)真理の探求
  (3)主体性の確立

 





 

  古高スクールガイド2017

  年間予定はこちら
  絵文字:矢印 右New
H29年度年間行事予定表

 
 

所在地

〒989-6155
宮城県大崎市
古川南町二丁目3の17
 TEL 0229-22-3034
 FAX 0229-23-4621

地図はこちら絵文字:矢印 右
 
COUNTER1153400
2010/04/01 開設

検索


ジオターゲティング